ため息はここで
by pacer3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
現実になってしまった
from 流れゆくままに
連休最終日
from 流れゆくままに
Onece in a B..
from こころ...smile ag..
カテゴリ:映像館( 10 )
最近の姫のお気に入りはネコ動画
お久しぶりです。トラブル続きでここにもこれませんでした。
また、みなさんの所にもご挨拶にいけません。お許しあれ。
近況報告ではないですが、うちの姫がネコ動画にはまってます。
これは私もお気に入りです。

らんらんる~♪




More
[PR]
by pacer3 | 2013-07-03 21:10 | 映像館
姫がつくった、はじめてのアニメ


デジカメ買ってあげたら、こんなの作ってやんの。
おもしれー!

加工は私がしましたけど、続編をどんどん撮ってますよ。
[PR]
by pacer3 | 2011-11-29 01:23 | 映像館
私はニコン党だ!...の、はずだ...
持ってるカメラで分かる性格診断birdhead_2000さんが、おっしゃった。

私は、小学生の頃、OLYMPUS PenD2で写真をおぼえ、中学生の頃に、親父からNikon FEを奪って以来、ずっとNikonのカメラをメインに使ってきた。

現在の主力機は、デジ一眼のD70×2台だが、それ以前は、AF機は、F100とF90XSをメインに、MF機は、New FM2と同チタンを使ってきた。これらは、みな現在も使用している。

家族写真は、ほとんど銀塩フィルムで撮っている。その際に使用しているカメラは、屋内ではF60D、屋外ではF70Dとを使い分けている。そのほか、お宝として、F3HP、FG、F501AF、FE、EM等を動体保存している。

さらには、今まで使ったことがあるNikonのカメラは、F2PhotomicS、FM、旧FM2、FE2、FA、FG-20、F301、F50D、FM10、Nikomat各種等々。

もちろん、レンズだって、円周魚眼の8mmから、超望遠域は500mmまでカバーしている。(一部はシグマだったり、タムロンだったりするが^^;)

ということで、自称、ニコン党である。

しかし.....
[PR]
by pacer3 | 2009-12-22 23:27 | 映像館
ネガ整理
いまどき、銀塩カメラを使っている人も、かなり少なくなってきたんだろうと思う。
私の場合は、銀塩もデジも使う両刀遣いだが、姫を中心とした家族写真は銀塩と決めている。
姫が誕生して、まもなく8年になるが、姫の成長はほとんど銀塩カメラで撮ってきた。

今日、さきほど、ちょっとさぼってため込んでいたネガを整理した。
約8年間で、姫中心のネガが200本を越えた。
さすがに、最初の頃からはペースダウンしたが、ネガシートをまとめたファイルは、
もう何冊になったろう。
これを全部プリントして保存してあるから、アルバムも大変なことになっている(苦笑。
書棚に入り切らなくなってきている。こまったものだ。

デジカメは、基本的に仕事でしか使わなかったが、最近は、プリンタがよくなったので、
お散歩カメラに、デジカメをぶら下げるようにもなった。
しかし保存メディアに迷っていて、結局HDDに入れっぱなしか、
気に入った写真だけプリントしてる。

やはり、使い分けは必要だと感じた。
しかし、いつまでフィルムは生産してくれることだろう。
なんだか、心配になってきた。ネガから焼いてくれる写真屋さんも無くなっちゃうのかな。
[PR]
by pacer3 | 2009-08-25 22:27 | 映像館
F70D
b0004071_2224327.jpg
最近のお供はもっぱらコレなんです。
操作性は慣れればなんてことないです。
ちょっとメンドクサイけど、決まった使い方をしてる限り、
作動音は静かだし、Tamronの28-300mmはスナップからポートレートまで
何でもこなすし、なんか機材にこだわりが無くなってきました。


このブログにやって来る方の、検索ワードのNo.1はFM2ですが、
隠れた名品を紹介するのもいいかと思って、あげてみました。
[PR]
by pacer3 | 2007-10-19 22:30 | 映像館
桜三種
b0004071_22391418.jpg

b0004071_22392914.jpg

b0004071_22394670.jpg

品種名は忘れた。
一番上がソメイヨシノだと思われます。赤みが淡いですね。
二番目は八重の枝垂れ。良い色でてます。
三番目は、本当に真っ白な桜。
しかし、涼しかったから足早だったとはいえ、あんまり考えずにただ撮ってきた写真ばかりで恥ずかしい。

撮影機材:
 カメラ:Nikon D70 (2号機)
 レンズ:Tamron A061(AF28-300mm F/3.5-6.3)
ロケ地:さいたま
[PR]
by pacer3 | 2007-03-31 22:40 | 映像館
50mm一本勝負
3月はじめにNewFM2/Tに50mmレンズ一本だけつけて撮ってきた写真ができあがってきました。受け取りにいくのをさぼってただけですが。
つくづく思ったのは、私にとって「50mmって、望遠になっちゃったんだなぁ」ということです。50mmレンズしか持ってなかった昔は、被写体に寄り切れず、画面を切り取るために望遠レンズが欲しかったものでした。今は図々しくなったのか(w、普段から28mm付近を常用しているせいか、50mmって焦点距離が長く感じました。
b0004071_2224734.jpg


それにしても、写真の焼きがひどかった。某コンビニの0円プリント。色なんか見てないんだろうなぁ。イメージ取り戻すのに補正してしまいましたよ。像もシャープじゃないし。こんな切れの悪いレンズじゃないはずだもん。いつもの写真屋さんごめんなさい。

b0004071_22425852.jpg

おまけ。流し撮りにもチャレンジ。大好きな『蓮』が走ってきたもので(w
しかし、背景が選べず、トリミングしてしまいました。まだまだ未熟者です。
[PR]
by pacer3 | 2007-03-13 22:38 | 映像館
new FM2/T
b0004071_8344418.jpg
今日は朝からこいつをおともに散歩。
FM系とFE系は姉妹関係。慣れたサイズは手にしっくり来るね。
FE系同様、FM系も5台以上を手にした。今はこのチタンボディとクロームボディの2台を残すのみ。


追記 at 2007-03-03 17:15

これも間違い探しみたいなんですが、FEとどこが違うんだといわれれば、FM系は完全メカニカル機。なので露出計を除き、電池がなくても完全に機能する。それに対して、FE系は絞り優先オート露出が使えるけど、電池がないとシャッタースピードが選べなくなってしまう。それでも緊急用に機械的に1/90秒でシャッターは切れるので、写真撮影はできますけどね。

いま防湿庫がいっぱいなので、機材を整理中なんですが、たぶんNewFM2もクロームボディを残して、このチタンボディは手放すことになると思います。「フルメカニカル」かつ「チタンボディ」ということで、ヲタク心的には、このチタンを残しそうなものなんですがネ(w
[PR]
by pacer3 | 2007-03-03 08:34 | 映像館
Nikon FE
さぁ、OLYMPUS PENに続いて、カメラ編を本格開始してしまいましょう(笑)。

初めて手にした一眼レフカメラはNikonのFEという、絞り優先オート露出機能がついた、マニュアルフォーカスカメラでした。中学生の頃、親父から奪い取りって使いはじめました。
文化祭やら修学旅行やらで大活躍。ヒーローに成れました(笑)。当時一眼レフカメラを持っていたのはそういませんでしたから。特にNikonを使っているやつは皆無。CanonではAE-1がヒットし、OlymusではOM-10あたりの時代かと思います。私のあこがれはというとスーパーNikon F3でしたが、さすがにプロ機なぞ高くて買えません(カメラヲタクになってから、大人買いしましたが)。
その後、高校から大学をへて、社会人になってNikon F90XSというオートフォーカスカメラを手に入れるまでの十年以上の間、私の相棒でした。今から思えば、焦点距離50mm、f値1.4の標準レンズ1本で、よくぞいろいろ撮ったものです。

Nikon FE + MD-12
b0004071_2215522.jpg

この写真の機体はやはり当時のものではありません。現物はファインダー周辺にゆがみが出て、修理不能宣告を受けました。何とか撮影はできるものの、実家で置物になってます。
FEは本当に気に入っていた機種なので、カメラヲタクになって以来、たぶん5台以上は手にしたと思います。中高生の頃はブラックボディに憧れてたのに、いざ手にしてみると、やはり長年手にしたクロームボディの方がしっくりときて、状態の良いこの1台を残して、他は手放しました。昔あこがれだったモータードライブなんかもつけちゃって、もう、かっこいいんだからぁ(笑)。
[PR]
by pacer3 | 2007-02-28 22:46 | 映像館
原点 写真・カメラ編
ギター編(w が概ねすんだので、今度はカメラを出してみたりして。
b0004071_22174268.jpg

OLYMPUS Pen D2

私が写真を撮ることを趣味にするきっかけとなったカメラである。
機械ものをいじり壊すのが大好きだった少年は、うちにあったカメラにも興味を持った。それは小学三年生の頃だった。親父が使うことを許してくれたカメラは、オリンパスのペンというハーフ判のカメラだった。

ハーフ判とは、普通の35mmフィルムの1コマを半分ずつ使って、倍の枚数写真が撮れるようになっているフォーマットである。だから、36枚撮りフィルムなんて入れた日には、72枚以上撮れてしまうのである。当時はフィルムも現像代も高かったので、ハーフ判のカメラはたくさん出ていた。
しかし、このPenのDシリーズは、ちょっと凝っていて、露出計こそついているものの、シャッタースピードも絞りもマニュアルで設定しなければならない。その上ピントに至っては、目測式!。自分の目で距離を測って、距離を設定するのである。

まず露出計のボタンを押す。その明るさにあわせてシャッタースピードと絞り値を設定。距離を目測であわせてシャッターボタンを押す。この一連の儀式が、メカ好きの小学生の心をとらえた。
このとことんマニュアル式なカメラで洗礼を受けたことが、私の写真人生の原点である。

もっとも、この写真のカメラは二代目であり、最近手に入れたものである。初代のPen D2は、分解好きの少年の手にかかって、再起不能になったことは言うまでもない。いまだに実家のどこかで眠っているはずではある。
[PR]
by pacer3 | 2007-02-22 22:39 | 映像館